アスペルガー症候群の特徴

アスペルガー症候群の特徴

アスペルガー症候群は発達障害の一種であり、自閉症スペクトラム症とも呼ばれています。コミュニケーションに難はありますが、知的障害や言語障害などは伴っておらず、IQが正常域にとどまっている人々を指します。知的に問題がないことから、症状が軽ければたんなる変わった人で片づけられることもあるようです。

アスペルガー症候群の特徴として、社会性が足りないことがあげられます。まわりの空気を読むことができず、思い込みが強いため対人関係でトラブルを起こすことがあります。さらに、こだわりが強いことなども、特徴のひとつと言われています。社会生活を続けていくのが難しくなるほど、強いこだわりを主張することがあるようです。

アスペルガー症候群の人は、コミュニケーション能力が足りない傾向があります。相手が言っていることを正しく理解することができず、自分の思っていることを伝える能力が足りないことから、双方に誤解が生じます。相手の言うことを冗談として受け止めることができなかったり、お世辞を本気にしてしまうようなところがあるようです。言葉を正確に伝えないと、会話が成り立たないことがあります。社会性が足りない上に他人とのコミュニケーションが取れないということになると、就職する際に苦労することになるでしょう。

最新記事

  • 2018年11月07日

    ホームページを更新しました。

PAGETOP